宮内謙至 kenji miyauchi

愛称ショーロクとも呼ばれ、jpsaロングボード6年連続でチャンピオンを飾る。過去の世界選手権ASPでもワールドランキング15位の成績もあり、彼のノーズライディングには数多くの人が魅了されいまやロングボード界ではなくてはならない存在だ。未だ選手としてコンテストにも参戦しつつ、自らの経験をもとにdartfin のフィンプロデュースから、サーフボードのプロデュース迄幅広く活動している。


新城譲 yuzuru shinjo

18才からプロに転向し、ASPやJPSAのコンテストに積極的に参戦している。2005JPSAムラサキカップでの優勝や数々の上位入賞成績をおさめている、自らの持ち味であるアグレッシブなスタイルを重視したパフォーマンスと驚愕のトリックで見る物を魅了する一方、シングルフィンでのパフォマンスにも定評のある実力派ライダーである。今後も 新たなるロングボードスタイルを築いていくとこは間違いいだろう。


 

石塚晃 akira ishizuka

ショートボードのプロから、ロングボードのプロに転向してから90sのロングボードシーンを盛り上げてきた重要人物であり、数々の好成績を納め今もなおコンテストで活躍中!鵠沼を代表する兄貴分こと石塚プロは、現在自らのサーフボードブランドを立ち上げさらに今後のロングボードシーンでの期待も高まっている。


秋本祥平shohei akimoto

宮崎県出身の若手アップカマーの祥平プロは、2009年から活躍の場を広げ日本中を動き回っている。本人の観察力の高い点から、コンテストでの試合運びは的確な判断から見いだす細かいパフォーマンス性、柔軟性を高く評価される。2010年のコンテストシーンでは大活躍しJPSA第1戦ではけコアを破優勝を飾り、ASPツアーランキング1位をおさめ、2011年度のASP世界選手権の出場権を獲得している。今後の活躍に期待が高まる一方だ。

 

 

 
     
         
Copyright(C)2012 dartfin products. All rights reserved.